フリーアナウンサー・クラブは東京世田谷区にあるアナウンサー、ナレーター、声優、リポーター、キャスター、司会、DJなどの放送タレント養成塾、タレント事務所です。

03-3307-6645 平日6:00~20:00 メールでのお問い合わせはこちら

フリーアナウンサー・クラブ ホーム > 卒業生の感想 > » 小川 もこ(第9期生)

卒業生の感想

卒業生の感想

feedback image

小川 もこ(第9期生)

目から鱗がボロボロおちた・・・。

生時代からラジオで喋っていた私だが、一時期 離れていた放送業界に また戻りたい!と、自分を鍛え直すために門を叩いたのが ここ、フリーアナウンサークラブだった。
ワイドショーやニュース番組のレポーターやナレーターを務めている卒業生、在校生が、現場の様子を活き活きと報告するのを聞きながら、彼女達がキラキラ輝いて見え、いつかは私も
…と静かに燃える日々。
毎週 通った塾での岩尾チーフの教えが とにかく新鮮で、目から鱗がポロポロと落ちた。

たとえば。
話し出しの音の取り方。
「水は高きから低きへ流れる」の教え。水と同じように、語り出す文章の始まりの音は、高めから、徐々に下げていく。途中で ぐいと持ち上げると、意味が伝わらなくなる。
これなどまさに、今、私が取り組んでいる「もの語り」の公演に活かされている。
伝わる喋り。伝える表現。その基礎を様々に学ばせてもらった。
プロミネンスも、緩急も、なにより「間(ま)」の大切さも。
当時、男子は 城達也さんのジェットストリームの原稿で、女子は尖閣諸島のアホウドリの生態を描いたドキュメンタリー番組のナレーション原稿で。繰り返し繰り返し、読み、研究し、音声表現に明け暮れた日々。辛いけど楽しかったなぁ…
つい昨日のことのように蘇ってくる。
その後、入塾半年で受けた番組オーディションに たまたま合格し、JFNの「ヒルサイド・アヴェニュー」という番組に出逢って、13年間の長きに渡って担当させてもらったのが、私のパーソナリティー人生の大きな分岐点となった。ギャラクシー賞DJ・パーソナリティー賞という栄誉ある賞もいただいた。
こんな大きな大切な機会を与えてくれたのが、フリーアナウンサークラブ。
今、最高に充実した日々を送れているのは、ここ、フリーアナウンサークラブがあったからこそ。

ほんとうに 心から感謝。

もう一つ。
一生付き合いたい心の友に出逢えたのも、このフリーアナウンサークラブの学び舎においてこそ。

もしもあの時。ここに入らなかったら、私は どんなに味気ない日々を過ごしていただろう。
想像しただけで、恐ろしくなる。
チーフ、長田さん、9期の仲間、皆に ありがとう。

こんな喜びを あなたも是非、ここで掴んでいってください。

小川 もこ 公式サイト
http://djmoko.com/

卒業生・塾生の感想一覧へもどる


ページトップへ